Top / アリス(衝動編)
HTML convert time: 0.048 sec.

アリス(衝動編)

Last-modified: 2017-12-19 (火) 10:34:40

一章

1節

  • 開始時
    アリスは目覚める。
    漆黒の中。薄暗い音。
    血の匂い。
    この世界がどこなのかは知らない。
    だが為すべき事は判っていた。
    自分を生み出した作者
    ルイス・キャロルを
    復活させる事。
    そしてアリスは知っていた。
    その願いを成し遂げる為には
    他のキャラクター達を
    全て殺す必要がある
    と言う事を。
    
  • 最終wave
    ギシン:何が正シクテ、
    何が正シクないか?
    アンキ:ソレヲ決められるモノなど
    イナイノデス。
    ギシン:ヒトは全て愚かダカラです。
    アンキ:全ては間違っテイルノデス。
    ギシン:忘れないデクレタマエ……
    

2節

  • 開始時
    痛みは感じない。
    この願いが、呪われていると知っているから。

3節

  • 開始時
    躊躇う事は許されない。
    もし滅ぼさなければ、
    滅ぼされるだけだから。

4節

  • 開始時
    この右腕が壊れようとも。
    この左腕が裂けようとも。
    諦めはしない。

5節

  • 開始時
    痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。
    痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。
    その叫びを受け止める。
    

6節

  • 開始時
    許して欲しいなどと
    身勝手な願いは持たない。
    

7節

  • 開始時
    怖い。
    このまま、あの人に会えない事が。
    このまま、真実を知ってしまう事が。
    

8節

  • 開始時
    永遠に戦い続ける私と、
    永遠に倒され続ける敵。
    どちらが幸せなのだろう。
    

9節

  • 開始時
    あの人に、
    会いたい。
    会いたい。
    会いたい。
    会いたい。

10節

  • 開始時
    判っていた。
    誰かを救いたければ、
    誰かを犠牲にしなくてはいけない。
    けれど本当にいいのだろうか?
    これだけ多くの命を奪い、
    こけだけ苦痛を集めて、
    その上に成り立つ救済など
    許されないはずなのに……
  • 最終wave
    ギシン:ふふフ……迷ってる!迷っテルねぇ!
    アンキ:本当に殺シテいいのか迷っテル!
    アリス:……うるさい。
    私は……私に出来る事をするだけだ。

二章

1節

  • 開始時(アリスで攻略)
    奇妙な人形達の声がする。
    「キキキ……大変愉快です……」
    「囚われていますね」
    「作者を助ければ全てが終わると」
    「信じていマスネ!」
    自覚していた。
    ただ、答えのない虚空で
    彷徨う事に耐えられなかったのだ。
    
    だから、私は戦う。
    たとえこの願いが
    束縛と呼ばれる
    感情の化物だろうとも。
  • 開始時(アリス以外で攻略)
    見よ。束縛されし少女を。
    見よ。世界に牙剥くその様を。
  • 最終wave
    アリス:もし……この戦いが
    無意味だとしたら……
    ギシン:私達ハ本当ニ約束を
    守りマスよ?
    アンキ:作者は必ず復活サセマス。
    ご安心クダサイ!
    アリス:一番信用出来ないのは、
    お前達だ。
    ギシン:フフフフッ
    アンキ:アハハハッ!

2節

  • 開始時
    理解されないだろう。この想いは。
    私は歪んでいる。私は歪んでいる。
    それだけは知っている。

3節

  • 開始時
    彼に逢えなくてもいい。
    彼に愛されなくてもいい。
    そこに、生きていてさえくれれば。

4節

  • 開始時
    失い続ける痛みと代償が、
    私がまだ戦っている事を
    知らせてくれる。

5節

  • 開始時
    救われたいとは思っていない。
    ただ、あの人さえいてくれれば。

6節

  • 開始時
    どうしてこんなに不安なんだろう。
    どうしてこんなに寂しいんだろう。

7節

  • 開始時
    自分も世界も間違っている。

8節

  • 開始時
    夢想する。ある日の幸せを。
    幾多の屍を乗り越えて手に入れた
    優しい光の平穏を。

9節

  • 開始時
    願いを叶えてしまったら……
    私はどうなってしまうのだろうか。

10節

  • 開始時(アリスで攻略)
    そうだ。繰り返される物語の
    輪廻の中で、
    私は孤独だったのだ。
    
    永遠に続く壊れた世界。
    その中に差し込む一条の希望が
    作者による救済だったのだ。
    
    既に死した人間を生き返らせる事が
    世界の理に
    逆らっている事は知っている。
    
    だが、構わない。
    もう、私は全てを失って
    しまっているのだから。
  • 開始時(アリス以外で攻略)
    愚かである事と
    愛する想いは
    どこか似ているのだろうか?
  • 最終wave
    アンキ:さあ恐ロシイ亡霊達を
    倒すノデス!
    ギシン:さあ醜イ生命を
    消し去ルノデス。
    アンキ:存在スル事が無意味ナ奴ラ
    ナノデス。
    ギシン:殺しマクッテも問題ナシ
    なのです!
    アリス:……うるさい。
  • 終了時(アリスで攻略)
    亡霊が叫び声を上げながら消えてゆく。
    痛みと怨嗟の残響が、
    ライブラリ世界の中に広がって消えた。
    
    「殺してスッキリデスよね?」
    「デモいいの?本当に良いノ?」
黙れ。
騒がしい人形達に剣を向け伝える。
せめて呪いの魂が消えるまで。

ギシンとアンキは、その顔に
汚れた笑みを
貼り付けたまま
ゆっくりと存在を消していった。
  • 終了時(アリス以外で攻略)
    彼女は鎮魂など望まない。
    その死から目を離さないだけだ。

三章

スノウホワイトとのクロスストーリー

1節

-開始時(アリス・スノウで攻略)
戦いが舞う
不毛な空間、ライブラリ。
自分以外の全てが化物であると
思ってたその場所で、
少女達は邂逅する。
生を束縛されるアリス。
正義に囚われるスノウ。
彼女達は
出会った瞬間に理解した。
お互いの思想が相容れない事を。
そして……作者を復活させる為には、
目の前にいる
少女を殺さねばならない事も。 

-開始時(アリス・スノウ以外で攻略)
束縛と正義。
生きる意味としてより醜いのは
どちらだろうか?
-最終wave
スノウ:個人的な動機だけで、作者
に復活して欲しい……
スノウ:そんな身勝手な理屈で他者
の命を奪うとは……
アリス:貴方には判らない。
アリス:その身勝手な「正義」に
囚われている、貴方には。
スノウ:……人は正しくなければ
ならない。
アリス:私には、関係ない。

2節

-開始時
貴女の振りかざす正義が、
皆の正義とは限らない。

3節

-開始時
全体が個に奉仕し、
個が全体に奉仕する。
それこそが為すべき正義の世界だ。

4節

-開始時
この世界は間違ってる。
貴女も、この私も。

5節

-開始時
世界が間違っているなら、
正義を以て正すべきだ。
たとえそれが、茨の道でも。

6節

-開始時
私は私の信じた人を救う。
それが、私にとっての正義だ。
他の人には決定させない。

7節

-開始時
……私が自分の正義を疑う事
はない。なぜなら、それが、
私の全てだからだ。

8節

-開始時
私は弱い。だから、
正義が眩しく見えるのかもしれない。

9節

-開始時
大きな正義を為すために……私は、
この手を汚す覚悟はあるのか?

10節

-開始時
「貴方のような
身勝手な理由
で生きる事は許せない。
けれど、この世界には倒さねばならない、
さらなる巨悪が存在している」
苦々しく呟くスノウ。アリスは言う。
「私も貴方のやうな偽善者と
一緒にされたくない。
だけれど、目的の為に手段を
選んでる余裕は、ない。」
二人はお互いの背中を合わせ、
ナイトメア達の群れに斬り込んでいった。
  • 開始時(アリス・スノウ以外で攻略)
    生きる目的が違っていても、
    同じ敵に対峙するのであれば
    心は同じだと言えるのだろうか?
-最終wave
スノウ:他人と一緒に戦うのも……
悪くはない。
スノウ:ふっ……ふふふっ
アリス:……何がおかしいの?
スノウ:何かを信じている筈なのに
いつも不安でたまらない。
スノウ:私達は似ているのかもしれ
ないな……
アリス:……私は、戦うだけ。

-終了時(アリス・スノウで攻略)
最後の一撃。
敵の断末魔が細く高く伸びてゆく。
それはまるで
人間の歌のようだった。
戦いを終えたスノウは目を細めて呟く。
「もう私達は闇に引きずり
込まれつつあるんだ……」
その言葉の意味を
アリスは噛みしめるよう
に理解していた。
二人は別の道を進む。
お互いの目を合わせる事もなく。
別れの挨拶もなく。
  • 終了時(アリス・スノウ以外で攻略)
    交錯する少女達が言葉を交わす。
    絶望の決意と、
    奇跡を信じる者の言葉を。
    

四章

1節

  • 開始時
    (ここにポエム)
  • 最終wave

2節

  • 開始時

3節

  • 開始時

4節

  • 開始時

5節

  • 開始時

6節

  • 開始時

7節

  • 開始時

8節

  • 開始時

9節

  • 開始時

10節

  • 開始時
  • 最終wave
  • 終了時

五章

1節

  • 開始時
    (ここにポエム)
  • 最終wave

2節

  • 開始時

3節

  • 開始時

4節

  • 開始時

5節

  • 開始時

6節

  • 開始時

7節

  • 開始時

8節

  • 開始時

9節

  • 開始時

10節

  • 開始時
  • 最終wave
  • 終了時
 
 

このページを編集する


コメントはありません。 コメント/アリス(衝動編)?

お名前: