人魚姫(憎悪編) の変更点

Last-modified:

#contents

*1章 [#je7faec7]
***1節 [#f531d57e]
-開始時(人魚姫で攻略)
>人魚姫は涙をこぼす。&br;ぽろり一粒真珠の頬に。&br;落ちて流れて哀しんで。
>王子様ではなく作者に会いたい。&br;その為の一粒の涙。
>ハンス・クリスチャン・アンデルセン。&br;人魚姫の生みの親。
>彼を復活させるには&br;無数の犠牲が必要で。
>人魚姫は涙をこぼす。&br;これから重ねる罪に怯えて。

-最終wave(人魚姫で攻略)
>人魚姫「私……どうすればいいの……」&br;アンキ「ドウもコウもありマセン。」&br;ギシン「作者に会いたけれバ殺せばイイだけ。」&br;アンキ「イッパイたくさん殺してクダサイね?」&br;人魚姫「殺すなんて。悲し過ぎる……」

----
#br
-開始時(人魚姫以外で攻略)
>悲劇はいくつかあれど、&br;これほど愛と涙に満ちた童話はありません。&br;──人魚姫。&br;哀しみの泡と消えた姫の物語。

***2節 [#vff1c30f]
-開始時
>人魚姫の物語。&br;それは悲しい物語。&br;王子様に恋をして&br;泡となって消える物語……

***3節 [#u2ec5806]
-開始時
>人魚姫が、人間の王子様を助けて恋をした。&br;それが最初の悲劇。

***4節 [#a4b023ce]
-開始時
>恋をした人魚姫は、&br;魔女から声と引き換えに足を得た。&br;それが第二の悲劇。

***5節 [#ac2f9d7f]
-開始時
>王子は人魚姫ではなく&br;別の娘を命の恩人と勘違いした。&br;それが第三の悲劇。

***6節 [#hc2e968d]
-開始時
>王子は人魚姫ではなく&br;勘違いした娘と恋に落ちた。&br;それが第四の悲劇。

***7節 [#a9dc4d50]
-開始時
>人魚姫の姉達は短剣を渡した。&br;それで王子の血を流せば&br;元の人魚に戻れると。&br;それが第五の悲劇。

***8節 [#z8b8bf62]
-開始時
>人魚姫は王子を殺せなかった。&br;それが第六の悲劇。

***9節 [#fcd7948e]
-開始時
>王子の愛を得られない人魚姫は&br;泡となって消えてしまった。&br;それが第七の悲劇。


***10節 [#l5b11427]
-開始時(人魚姫で攻略)
>哀しみだらけの物語です。&br;けれど無償の愛の物語です。
>それが人魚姫。&br;アンデルセンの不朽の名作。
>「完璧な物語デス。ああ、なのに──」&br;「作者を復活サセて、貴女は何を望むデス?」
>自分の命を犠牲にした人魚姫。&br;今度は他人の命を犠牲にして。
>「何を望むのデスか?」

-最終wave(人魚姫で攻略)
>人魚姫「私……わからない……何も。」&br;アンキ「わからない筈ハないでショウ?」&br;ギシン「本当は知っテいるんデショウ?」&br;アンキ「ネェ、泣いてばかりの人魚姫。」&br;ギシン「本当は気づいてイるんデショウ?」

-終了時(人魚姫で攻略)
>ぽろりと、涙零れて。&br;それは朝露のような輝き。&br;その涙が教えてくれた。
>私の望みを。願いを。
>悲しい物語。&br;けれど美しい物語。&br;哀しいからこそ輝く愛の物語。&br;だから──
>「アンデルセン。どうかもっと&br;悲しい物語に書き換えて」
>悲哀&br;それは 人魚姫を彩る 海の泡沫。

----
#br
-開始時(人魚姫以外で攻略)
>悲劇と愛のバランスが&br;あまりにも完璧な物語。&br;それらを壊してまで&br;望むものとは何でしょう?

-終了時(人魚姫以外で攻略)
>人魚姫が泣いている。&br;ぽろぽろと綺麗な涙を流している。&br;その悲哀があればこそ&br;より美しく輝くのだと知って。

*2章 [#vab9b8e2]
***1節 [#yd3f215f]
-開始時(人魚姫で攻略)
>人魚姫の耳に微かに聴こえる&br;美しい歌。
>忘れないでと願う声。&br;未来に向けた希望の詩。
>──綺麗、ね。&br;頬を伝う涙に、指を濡らして。
>もっと悲しくして、美しくしたい。&br;だからお願い。&br;その歌を狩らせて。

-最終wave(人魚姫で攻略)
>アンキ「もっと泣きたいのデスネ。」&br;人魚姫「……涙の数だけきっと輝くから。」&br;ギシン「じゃア、もっと悲しク歌ッテもらわなきゃ。」&br;アンキ「その為ニはどうシマス?」&br;ギシン「ソノ為にハ殺シます!」

----
#br
-開始時(人魚姫以外で攻略)
>歌は心。&br;楽しさ、嬉しさ、恋や愛。&br;そして悲しみを表すもの。

***2節 [#h96f5578]
-開始時
>悲恋。悲しい恋。&br;叶わぬ恋。&br;だからこそ綺麗な恋。

***3節 [#d2d2cb80]
-開始時
>涙。悲しみの涙。&br;だからこそ心を打つ。

***4節 [#o874928b]
-開始時
>悲しいけれど、&br;人魚姫は哀しいからこそ名作なの。

***5節 [#nc6c638f]
-開始時
>哀しみは愛を輝かせ、&br;悲しみは世界を美しくする。

***6節 [#qaa2d423]
-開始時
>流した涙の数だけ&br;世界は綺麗になっていく。

***7節 [#u5798f27]
-開始時
>だから、世界の為に悲しくなろう。&br;あらゆるものを涙の海に沈めよう。

***8節 [#df61416e]
-開始時
>感動を呼ぶ歌は&br;悲しみの歌に。

***9節 [#a4980464]
-開始時
>感動を呼ぶ歌い手は&br;悲しみの底に突き落として。

***10節 [#c72088ee]
-開始時(人魚姫で攻略)
>歌い手を見つけた。&br;それは小さなプラントだった。
>──悲しみを知りましょう。&br;そうすれば、もっと良い歌になる。
>首を傾げるプラントの、&br;その儚い喉元に。
>人魚姫は涙をこぼしながら&br;武器を突きつけた。
>「悲しみを 知って?」

-最終wave(人魚姫で攻略)
>ハイプラント「ドウシテ……?」&br;アンキ「悲しいケド、コレ世界の為なのヨネ。」&br;人魚姫「酷い。その台詞、私が言いたかったのに……」&br;ギシン「ごめんネごめんネ〜。」&br;人魚姫「悲しみ2倍増しです……」

-終了時(人魚姫で攻略)
>死に際に、プラントは歌った。
>突然の死への悲しみを。&br;理不尽な死への哀しみを。
>それはとても美しく&br;ライブラリの中を響き渡った。
>──良かった。&br;哀しみのおかげで、&br;また1つ美しいものが得られた。
>ハラハラと涙を流す人魚姫。&br;その足元でプラントは&br;無残に死んだ。

----
#br
-開始時(人魚姫以外で攻略)
>悲しみを知らない歌い手は&br;どんなに綺麗な声をしていても&br;本当の感動は呼び起こせない。&br;だから、知りましょう。悲しみを。

-終了時(人魚姫以外で攻略)
>悲しみを知った歌い手は&br;とても良い歌を歌った。&br;それは己の死に際だからこそ、&br;咲いた至極の歌の花。

#br
#br
&edit(,noicon){このページを編集する};
----
#pcomment